webマーケティング

スマホ(モバイル)サイトの高速化の重要性と確認方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スマホ(モバイル)サイトの高速化の重要性と確認方法
The following two tabs change content below.
柿崎 裕二

柿崎 裕二

中小企業専門のwebコンサルタント/webディレクター
6か月でクライアントの月商10.8倍アップ、全く問い合わせがなかった製造会社のwebサイトをリニューアルして1000万円の受注獲得、化粧品通販サイトの売上を1年で年商1.4倍アップなどwebサイトの集客やコンバージョン率最適化、業績が上がる仕組みづくり構築のサポートを行っている。自身でもポータルサイトやオウンドメディアを複数運営。

現在、ホームページを閲覧しているユーザーはPCからだけではなくスマホ経由からが大半という現象が起きています。

既に業種によっては、ホームページを閲覧しているユーザーのアクセスが、スマホ経由から8割あるといったケースも決して珍しくはありません。

特にBtoC等の商材を扱うネットショップ等を運営している場合や、比較的若年層のユーザーをターゲットしているwebサイトの場合は、スマホサイト(モバイル)の対策は必須です。

そこで、今回はスマホ対策をするためにできる方法と無料で利用できるツールを2つご紹介します。

①スマホサイト専用のホームページを作成

PCサイトとは異なるデザイン、インターフェースでスマホサイト専用のホームページを作成する方法です。ユーザーはスマホサイトへアクセスした場合に、最適化されたページが表示されます。

メリットとしては、ユーザーがスマホからアクセスしても閲覧しやすく、離脱がしにくいといったメリットがあります。

デメリットとしては、サイト運営者にとっては別途スマホ専用のサイトを制作する必要があり、制作費用がかかるということです。

また、素人が作成した場合だとリダイレクト設定等のミスも多いので、スマホサイト専用のサイトを制作する場合は、自社で制作するのではなくweb制作業者に依頼することがお勧めです。

リダイレクトの誤り

モバイル用 URL が別にある場合は、個々のパソコン用 URL にアクセスしたモバイル ユーザーを、該当するモバイル用 URL にリダイレクトする必要があります。それ以外のページにリダイレクトする場合(常にホームページにリダイレクトするなど)は、リダイレクトが誤っています。

引用:Googleウェブマスター(よくある誤り)

②レスポンシブ対応のwebサイトを構築

レスポンシブ対応は、ユーザーがスマホやタブレットからサイトへアクセスした場合に、自動でwebサイトがスマホ対応のデザインに最適化されます。

WordPress(ワードプレス)でサイトを制作した場合に、レスポンシブ対応のテンプレートで構築することで簡単にスマホ最適化ができます。

メリットとしては、WordPressでレスポンシブ対応のテンプレートでホームページを作成すれば、それなりのスマホ対応のサイトが低予算でも出来てしまうことです。

デメリットとしては、テンプレートによってスマホから閲覧した時に見栄えが悪かったり、ユーザーにとって閲覧しにくいデザインがあるのも事実です。

そういった場合は別途カスタマイズする等、検討する必要があります。また、①のスマホ専用サイトを作成する場合と違い、リダイレクト設定のミスもない点は安心です。

WordPressに関しての詳細、WordPressで構築するメリットに関しては、「WordPressでホームページを運営するメリット・デメリット」をご参考ください。

③webサイトの高速化

既に現在のアクセスがスマホからが大半の場合、現在のサイトの表示速度も確認しておく必要があります。

特に、今はサイトの速度の遅延はスマホユーザーにとっては想像以上にストレスとなっているからです。あなたが運営しているサイトが体感的に遅いと感じた場合は是非高速化を検討してください。

モバイルサイトの処理速度を確認できるツール(Test My Site)

モバイルサイトの処理速度を確認できるツール(Test My Site)

https://testmysite.withgoogle.com/intl/ja-jp

2017年7月にリリースされたばかりの新しいツールですが、Googleが提供しているTest My Siteというツールを活用すれば、調べたいURLを入力するだけでサイトの処理速度や具体的に改善する方法が記載されたレポートを無料で確認することができます。

URLを入力して結果が出てくるまでの時間はわずか1分程度です。

具体的な活用方法に関しては、「Test My Siteでモバイルサイトの速度を確認する方法」をご参考ください。

webサイトのモバイル速度確認

実際に調べたいURLを入力して調べたところ以下のような数字が反映されました。同業他社のホームページのデータをもとに比較機能も確認できるといった点も見逃せません。

モバイルテスト

ページの読み込み速度を確認するツール・PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)

同様に、Googleが提供しているPageSpeed Insights(ページスピードインサイト)というツールも活用しましょう。

こちらも調べたいホームページのURLを入力して分析をクリックすれば、すぐに現状のサイトの速度の判定が100点満点方式で出てきます。

PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja

先ほどのTest My Siteと違って、PCとモバイルに分けて点数方式で反映される点と、具体的な改善のヒントが手に入る点が非常に便利でわかりやすいです。

こちらも、可能であれば65点以上を目安に改善していくことをお勧めします。

ページスピードインサイト

まとめ

モバイルサイト(スマホサイト)の最適化及び、高速化はこれからますますwebサイトを運営している立場の事業者にとって考えなければいけない重要な一つとなっています。

実際に、既にモバイルサイトからのユーザーが大半でスマホ経由からの売上が多くを占めているというサイトも決して少なくはありません。

是非、今回ご紹介した方法を活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ホームページ集客のご相談・コンバージョン率改善ならお任せください。

web集客やホームページを軸に売上アップを実現したい方へ

・半年間、売上0の状態からコンサルティング後、たった3か月で月商100万円を達成したコンサルタント

・コンサルティング後、1ヶ月で月商350万円から月商500万円突破を実現したカフェインを販売している通販サイト

・コンサルティング後、1年で年商1.5倍アップを実現した女性化粧品を販売するEC通販サイト

・ホームページ開設後、1年以上問い合わせのなかったサイトをコンサルティング後、翌月に月間で3件の問い合わせを獲得、その後400万円の受注獲得に成功した製造会社など

実際に短期間で成功事例を出しているのがイノブレの強みです。

まずは、ホームページの無料診断・個別無料相談にてお悩みを解決致します。

 

今すぐ無料相談に申し込む