webコンサルティング

webコンサルティングを依頼する前に準備しておくと便利なこと

webコンサルティングを依頼する前に準備しておくと便利なこと
The following two tabs change content below.
柿崎 裕二

柿崎 裕二

中小企業専門のwebコンサルタント/webディレクター
6か月でクライアントの月商10.8倍アップ、全く問い合わせがなかった製造会社のwebサイトをリニューアルして累計1000万以上の売上達成、化粧品通販サイトの売上を1年で年商1.4倍アップなどwebサイトのコンバージョン率最適化、業績が上がる仕組みづくり構築のサポートを行う。
Pocket

最近は、webコンサルティングに関してのご相談やweb制作に関してのご依頼を途切れなく頂いております。非常に有難い限りです。

クライアントからのご相談を頂く内容は様々ですが、その多くがホームページから問い合わせや売上を上げたいというご相談です。

そこで、今回はよりホームページから問い合わせや売上アップを実現するために、事前にクライアント側で設定しておくことで、より成果が出るまでの時間短縮になるべき準備部分に関してお話出来ればと思います。

予め、コンサルティングを受けて頂くうえでも今回お伝えした準備をしておくことで、コンサルタントにとってもより具体的なアドバイス、提案ができるためです。

是非ご参考ください。

ホームページにはアクセス解析(Googleアナリティクス)を導入する

Googleアナリティクス

https://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/#?modal_active=none

Googleアナリティクスとは、Googleが提供しているツールのひとつで、ホームページやECサイトのアクセス解析ができるツールです。

また、Googleアナリティクスの機能である「目標設定」を予め設定することで、ホームページから問い合わせフォームに申し込んだ際にどこから問い合わせがあったのかを計測することが出来るようになります。

目標設定に関しての詳細は、「5分で実践!Googleアナリティクスで目標設定をする方法」をご参考ください。

Googleアナリティクスを導入することによって、確認できるようになることは以下のようなことです。

アクセス数の確認(日、週、月間等、日時を設定して解析可能)セッション、ユーザー、PV数の把握

どこからアクセスがあったのか、地域や国の把握

PC、スマホ、タブレットに分けてアクセス状況の割合を把握

ホームページでどのページが一番閲覧されているか、逆に閲覧されていないページ状況の把握

リアルタイムでホームページを閲覧しているユーザーのアクセス数の把握

予め目標設定をしておくことで、コンバージョンがあった日の把握やどこの参照元からアクセスがあって問い合わせや購入に繋がっているかの把握

上記は一部ですが、Googleアナリティクスをホームページに導入しておくだけで改善のヒントや現状の状況を容易に把握することが可能になります。

これほど便利なGoogleアナリティクスですが導入して活用するのは無料です。まだ導入していない方は早急に入れるようにしましょう。

Googleアナリティクスをホームページを開設した時点で導入しておけば、第三者が容易にホームページのアクセス状況の把握が出来ますが、導入されていなければすることが出来ません。

これによって今まで改善できたかもしれないヒント、サイトのボトルネック情報等が受け取れなくなってしまいます。

また、ホームページから問い合わせや売上を増やす大原則として、数字から分析して改善していくことは必須です。逆にサイト運営者の主観や感情でホームページを改善したりすることは、ユーザーが求めているものとミスマッチが起こりやすく、成果に繋がらないケースが多々あるので注意が必要です。

まずは、コンサルティングを受ける有無に関わらず、ホームページを開設したタイミングと同時にGoogleアナリティクスを導入しておくことが大切です。

既にホームページ導入されている方は、「Googleアナリティクスでデバイス別のアクセス数を確認する方法」もご参考ください。

Googleアナリティクスを導入しないことによる損失・注意点

Googleアナリティクスはホームページに導入した当日からのデータ以降しかアクセス状況を把握することが出来ません。

ですので、Googleアナリティクスをこれまで導入していなければ、過去のアクセス状況の分析が不可能ということになります。

アクセス解析データは、今後のホームページを改善していくためのヒントが受け取れる資産でもあります。このような機会損失が起こらないように必ずホームページ開設当初から導入しておきましょう。

ホームページの健康状態を把握する・Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソール

https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

Googleアナリティクスと同時に、Google Search Console(Googleサーチコンソール)も導入しておくことを推奨します。

こちらもGoogleが提供しているツールでホームページへの導入は無料で活用できます。

Googleサーチコンソールで把握できるのは以下の通りです。

公開しているホームページが異常なくGoogleの検索エンジンに反映さているかの把握(インデックス・クロール)

公開しているホームページがGoogleからスパム判定を受けていないか(スパム判定を受けている場合、検索順位に大きく影響する)

Googleで表示されている検索順位の把握やクリック率の把握

ホームページがセキュリティ上、問題が検出されていないかの把握(問題が起きている場合は知らせてくれる)

公開したページをより早くGoogleの検索エンジンに通知、インデックスさせるための機能がある(SEO施策において有効)

紹介した機能は一部ですが、上記のようなことがGoogleサーチコンソールから確認することができます。

Googleアナリティクスはホームページのアクセス状況などの分析ができる「攻め」のツールだとすれば、Googleサーチコンソールはホームページの健康状態の状況が把握できる「守り」のツールといえます。

この2つのツールを有効的に活用することで、間違いなくホームページから成果が出るまでのスピードを早めることが可能になります。

まとめ

webコンサルティングのご相談やホームページ制作、リニューアルのご相談を頂くうえで、Googleアナリティクスを導入している企業は増えてはいますが、導入されていなかったというケースもあるのが現状です。

また、Googleアナリティクスは導入していてもGoogleサーチコンソールも同時にホームページに導入しているとなると、さらに少なくなってしまいます。

繰り返しお伝えしますが、これらのツールはホームページの現状や問題点を把握するうえで非常に資産となるデータを蓄積することが可能なものです。

導入さえしておけば、コンサルタントのような第三者の専門家に相談した場合も、データが把握できるので具体的なアドバイスや改善策をすぐに受け取ることも出来るのです。

是非、ご参考ください。

Pocket

webサイトの売上アップ・コンバージョン率改善ならお任せください。

ホームページ集客やwebを軸に売上アップを実現したい方へ

・半年間、売上0の状態からコンサルティング後、たった3か月で月商100万円を達成したコンサルタント

・コンサルティング後、1ヶ月で月商350万円から月商500万円突破を実現したカフェインを販売している通販サイト

・コンサルティング後、1年で年商1.5倍アップを実現した女性化粧品を販売する通販サイト

・ホームページ開設後、1年以上問い合わせのなかったサイトをコンサルティング後、翌月に月間で3件の問い合わせを獲得、その後400万円の受注獲得に成功した製造会社など

実際に短期間で成功事例を出しているのがイノブレの強みです。

まずは、ホームページの無料診断・個別相談にてお悩みを解決致します。

 

今すぐ相談する