ホームページ

売れるホームページになるかは社長のやる気で決まる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
The following two tabs change content below.
柿崎 裕二

柿崎 裕二

中小企業専門のwebコンサルタント/webディレクター
6か月でクライアントの月商10.8倍アップ、全く問い合わせがなかった製造会社のwebサイトをリニューアルして1000万円の受注獲得、化粧品通販サイトの売上を1年で年商1.4倍アップなどwebサイトの集客やコンバージョン率最適化、業績が上がる仕組みづくり構築のサポートを行っている。自身でもポータルサイトやオウンドメディアを複数運営。

売れるホームページにするにはそれなりの努力と時間、忍耐を必要とします。

しかし、最も大事なのは社長やサイト運営者であるあなた自身のやる気です。

今回は売れるホームページとは真逆の行動をしてしまう社長の失敗パターンについてお話します。

売れるホームページになるかどうかは社長次第!

中小企業・個人事業主の場合、資本力やリソースが潤沢な大企業と比べた場合、あらゆる面でリソースが限られている為、社長自身がありとあらゆることを日々やらなければいけません。

基本的に忙しいのです。そして、社長自身の実力が直接経営状況にも影響を与えます。
そのなかでホームページを軸にして売上やビジネスを拡大していきたい場合も例外はなく、社長次第で売れるホームページにも売れないホームページにもなってしまうのです。

売れるホームページにするには製作会社との付き合い方が重要

売れるホームページにするには製作会社との付き合い方が重要

仮に一人社長であっても、ホームページの管理や更新を製作会社に依頼している方は多いです。
売れるホームページにするには一人でなんでもやるのではなく、ときには自分以外にスキルを持った人に任せることも大切です。

是非、そういった面であなたの売上、ビジネスに貢献してくれるweb製作会社とは長く付き合っていって欲しいと思います。

しかし、web製作会社は基本的にあなたのサービスや商品の特徴をある程度、知ってはいても専門家ではありません。あくまでも、ホームページを製作することを専門としています。

逆にあなたは最もその商品やサービスを知っている専門家であり、愛着を持っているはずです。
実はここがポイントで、専門家であるあなた(社長)が積極的に製作会社と関わっているかの有無が売れるホームページをにするための最も大事なポイントなのです。

売れているホームページは社長が関わり、売れないホームページは社長は丸投げ体質

私がこれまでにクライアントと関わってきたなかで、ホームページからすぐに結果が出る会社とそうではない会社の決定的な特徴がありました。

それは、社長がホームページに積極的に関わっている会社は売上が上がっており、関わっていない会社は結果が出ない、結果がでるまでにかなりの時間を要することです。これは紛れもない事実でした。

また、売れているホームページというのは基本的に第三者からみても活気があります。
しかし、売れていないホームページには活気がありませんし、結局のところ、ユーザーにとって何が得なのかわからないような感じにもなっています。
これはホームページが綺麗どうこうという話でもありません。

ようは、社長が積極的に関わっているサイトというのはユーザーにとっても「なんかこのホームページ良いな」と思うのです。

活気があるから売れるホームページになるかどうかはもちろん直接的に関係はありませんが、web製作会社に丸投げ、自社の社員やスタッフに丸投げして社長自身はホームページに関わらない会社でうまくいっている中小企業・個人事業主のホームページは見たことがないのが現実です。

勿論、例外として上手くいっているところもあるかとは思いますが、やはり全てを丸投げでは成果がでるまでには時間はかかるでしょう。

社長自身がホームページの現状を把握している場合は売れるホームページの成功パターン

あなたはホームページのアクセス数やどのページにアクセス数が多いなど、把握しているでしょうか?
すぐに答えられない場合は注意が必要です。

売れないホームページは社長がweb製作会社やスタッフに丸投げ体質のほかに、実は社長自身がホームページの現状を把握できていないパターンが実に多いです。

自分の商品やサービスに一番愛着がありながら、ホームページを軸にして売上やビジネスを拡大したいと思っているにも関わらず、積極的に自分が関わらないのは疑問です。
また、社長自身が現状を知らずに売れるホームページにしたいと言っているのもおかしな話です。

逆に売れるホームページは積極的に社長が製作会社やスタッフと協力しながら、主体的に自ら現状を把握しようとしています。
もちろん、すべてを社長が知らなくても良いのですが、積極的に自ら関わって売れるホームページにするにはどうしたら良いのか日々必死に考えています。

この小さな差が、徐々に大きな明暗を分けることになるのです。

まとめ

社長であるあなた自身がこれまでweb製作会社に丸投げをしたり、web担当者であるスタッフに任せっきりにしていたのであればそれは改めるべきです。

中小企業・個人事業主の規模で売れるホームページにするには積極的に社長自身が主体的に関わっていかなければいけません。

また、誰よりも商品やサービスの専門家である社長が主体的になることにより、製作会社と上手く協力すれば活気のあるホームページにもなっていきます。

これからは丸投げ体質は辞めて、積極的にホームページに関わっていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ホームページ集客のご相談・コンバージョン率改善ならお任せください。

web集客やホームページを軸に売上アップを実現したい方へ

・半年間、売上0の状態からコンサルティング後、たった3か月で月商100万円を達成したコンサルタント

・コンサルティング後、1ヶ月で月商350万円から月商500万円突破を実現したカフェインを販売している通販サイト

・コンサルティング後、1年で年商1.5倍アップを実現した女性化粧品を販売するEC通販サイト

・ホームページ開設後、1年以上問い合わせのなかったサイトをコンサルティング後、翌月に月間で3件の問い合わせを獲得、その後400万円の受注獲得に成功した製造会社など

実際に短期間で成功事例を出しているのがイノブレの強みです。

まずは、ホームページの無料診断・個別無料相談にてお悩みを解決致します。

 

今すぐ無料相談に申し込む